ゴルフ 寄り道練習

今週は月、火、水と皆勤賞で練習できた。

昨日のいい感じを定着させようと練習開始。

「コックが解けないこと」を注意して打っていた。
アイアンはいい感じで打てる。

少しいい気になってドライバー
芯食っていいボールが出るものの、たまに右に出たり、どスライスが発生。
なんでだろう・・・とコックを念入りに入れるとさらに悪化。

この日は練習場は満員御礼だった。
年配の方が多く芯食ってナイスショットのときは「どや顔」をしてしまった。

これがいかんのだ。
いいところ見せようと力んで飛ばそうと・・・・・
なんという。・・・・せっかくのスイングが乱れたかもしれない。
不完全燃焼で練習終了。

家に帰り。スマフォにメールが。
それはゴルフダイジェストからのメルマガだが、ここに今日の原因があった。

———————————————————–
フェースが大きく開いてしまうんです
テークバックの早い段階から、コックが強すぎると、どうなるでしょう。
インサイドに引く癖も加わって、ハーフウェーバックあたりでは、
こんなに開いてしまうんです。そして・・・
———————————————————–

コックしすぎだ。
スクエアグリップでリストターンで打つ場合
「コックすればパワーにつながる」と思っていた。
しかし、フックグリップスイングだと
コックが元にもどらないとフェースが開いてしまうのだ。
なるほど・・・・
なので、右へのずれ。どスライス。シャンク。となったんだな。

明日からは、「アドレス時のコック維持」で練習だ。

タイトルとURLをコピーしました