愛車たち

  1. 1974 出会い HONDAスーパーカブ70

    バイクとの出会いは、10歳ぐらいから始まった。
    それは、HONDAのスーパーカブ70だ。
    父の股の間に座るポジションで走った。
    ハンドルの内側を握って運転していた気分だった。
    興奮したのを覚えている。
    狭い山道を登っていった。
    アスファルトが急に途切れ砂利道となった。
    次の瞬間、転倒した・・・・・親子で。
  2. 1977 HONDAスーパーカブ90

    その後、カブがグレードアップ、90ccとなる。

  3. 1981 HONDA DAX 70
    高校生になると、我が家のバイクは、
    DAXとなっていた。
    これは、シートが後ろよりだ。
    何度ウィリーしそうになったことか。 ・・・

  4. 1983 原付免許取得
    高校卒業。念願の原付免許取得!!!

  5. 1983 HONDA タクト

    中古のタクトを大学の通学用に購入。
    片道25kmくらい。
    毎日 ほとんどが全開走行だった。
    壊れた・・・・・・・・・3ヶ月で壊れた。

  6. 1983 HONDA リードS

    通学に耐えるバイクということで少し大きくなった。
    これで全開通学。
    このころノーヘルOKだった。

  7. 1983 自動車免許取得
    自動車学校に行った。
    父がこっそり教えてくれていたので楽勝。
    教官から「何で来たの?試験場に行った方が安かったのに・・・」

  8. 1984 HONDA ライフ360

    車の免許を取った! 車が欲しくなった。
    バイトをはじめた。買った!16万円だった。
    薄いブルーのかわいい車だった。ドアロックが曲者だった。
    車内から、ロックしてみた。
    きちんとロックされてる。
    解除・・・・できない。
    窓ガラスを開けて外のドアノブを引いてみる。・・・・ 開いた!
    このドアロックは内側からは開かず、外からのみ開くロックらしい。
    意味なし。雨が降ってきた。ワイパーON!ワイパーが動く・・・・
    スピードを上げる。
    ワイパーが右端いっぱいに来たとき、 風圧で、窓の外まで動いている。
    そこから戻るので窓の上でバウンドする。
    バウンドするから、水滴を拭えない。・・・・・・・
    右の窓を少しあけ、右手を出してはみ出るワイパーを押さえて走った。そのうちバッテリーがあがった。 バイクみたく押しがけをしてみた。
    運転席の横に立ち、押す、押す、押す。 そして飛び乗りクラッチを踏み、
    ギヤをサードへ。 クラッチを離し、ガクガク・・・ブルル~ン
    クラッチを踏み、エンジンを吹かす。 ・・・ うまくいった。
    しかし 平坦か下りじゃないとむりだ。
    バイト代がすべて維持費に消えていく。
    売った。・・・・
    なんと購入価格と同じ16万円で売れた。 人気者らしい。

  9. 1984中型2輪免許取得
    ライフで隣の市にある運転免許試験場に通う。
    狙いは中型2輪免許3回目でゲット!

  10. 1984 HONDA VT250F

    V型2気筒250CC、ドコドコというサウンドで乗りやすかった。
    気がつけば、HONDA車ばかり乗っている。
    この車では九州内を走り回った熊本-阿蘇、鹿児島-桜島・・・・
    トラブルもなく良く走った。
    桜島周辺を走ったとき、白のTシャツが灰でグレーになっていた。
    いい思い出

  11. 1986 大型2輪免許取得
    V型エンジンに乗っていると並列4気筒に憧れる。
    狙いはインラインフォーのナナハン!
    当時大型2輪の免許は自動車学校では取れなかった。
    また隣市の試験場へ通った。
    試験車は、HONDAのホーク750だ。
    でっかい・・・ 横幅があるので足つき性が悪い。
    2回チャレンジして試験管に言われた。
    「停止時に足をつくでしょ。その後発進して足を戻しても体が傾いてる」
    無理して足をついてることが、致命的か?
    数ヶ月試験場から足が遠のいた。うわさが耳に入った。
    「試験車が変わったらしい・・・」
    CB750ホライズン ・・・
    これは少しアメリカンタイプというか シートが低い。
    チャンス!!!
    再び通った。
    それから3回目で合格!

  12. 1986 HONDA CB750F

    免許取得で試験場に通ってるときから、買うナナハンは決まっていた。
    あるバイク屋さんに並んでいた。
    欲しいなと横目で見ながら試験場に通っていた。
    CB750Fインテグラ(カウルなし)
    このタイプはタンク横のHONDAロゴが違っている。
    通常のCB750Fは「HONDA」の文字だけ。
    これは、HONDAが小さく書かれ、羽マークつきだ。
    購入後は、お決まりの改造を施す。
    セパハン、バックステップ、集合マフラー それとシートのあんこ抜き・・・・
    最初のマフラーはRPM製のだった。
    軽く、うるさく、地上高が低い。
    とにかく気にしながら乗らなくてはいけないマフラーだった。
    その後、ヨシムラのマフラーに変更した。
    4気筒エンジン+集合マフラーのサウンドは最高だ。このときバンドのメンバーの3人がナナハンに乗っていた。
    バンドの練習か、走りにいってばかりだった。
    あるとき峠の写真を撮ってみようとなり、それがこのときの写真。

    九州で最高のワインディングロードは「やまなみハイウェイ」
    当時有料だった。
    お金出して雨の天候のときは、ほんとにがっかりしたもんだ。
    また走ってみたい。

    夜明けの写真は、熊本-阿蘇のもの、
    友人達は爆睡中 自分だけ、ごそごそ起きだして初夏の早朝を走った。
    すっごく気持ちよかった。 景色も抜群だった。
    このバイクでは、南は鹿児島、北は京都まで走った。
    ツーリング時には右手はアクセル、左手はタンクに肘をついて走った。
    ウトウトしたこともあった。今思えば恐ろしや。弱いところがあった。
    それは、電気系統。
    雨が降って濡れてくる。
    すると4気筒エンジンは、 3気筒となる。
    アイドリングになるとエンスト・・。
    仲間に合図して、休憩。
    しばらく放置するとエンジン熱で乾燥し復活する。

  13. 1988 TOYOTA マーク2ハードトップ X60
    社会人の仲間入り。初のローンで購入並列6気筒エンジン・・・乗り心地はいいが、さすがに面白みはない。

  14. 1989 HONDA CBR750

    念願の新車購入。
    カムギヤトレーン・・・・エンジンヘッドのカムを動かすのには、通常チェーンだ。
    このエンジンは、それをチェーンじゃなくギヤの組み合わせで回転を伝達する。
    モーターみたいに上から下までスムーズに回る。
    フルカウルでまっくろ、鯨みたいだった。 「マッコウ」と呼ばれた。
    遅いイメージの名前だが、速かった。

  15. 1990 KAWASAKI GPZ900R A2


    夢のオーバーナナハンだ。ずっとHONDAに乗ってきた。
    オーバーナナハンは・・・・やはり KAWASAKIか
    これは、個性的なバイクだ。コーナーで倒すと内側にハンドルが切れ込む。
    フロント16インチ、リア18インチの影響
    倒してる側のハンドルを押し戻す感じでコーナーを回っていた。
    上のほうのパワーはすごかった。
    回転が上がっていくと狂ったように加速していった。
    逆輸入車なのでメーターが260km/hまである。

    高速道路でどこまで出せるかチャレンジしてみた。
    カウルに伏せて速度を上げていった。
    速度が上がっていき、怖くてメータに視線を移せなかった。
    どれくらいでたのだろう・・・・
  16. 1992 MITSUBISHI PAJERO

    所帯を持った。バイクは卒業した。ちと寂しい。
    車を大きくした。車はバイクみたいに速く走れない。
    速さではなく、居住性、見栄で選んでみた。ディーゼルターボ・・・・だが遅い、重い。
    高速でベタ踏み110km/h・・・・ でも、たくさん乗れる。積める。視点が高いので良い気分。
    11年、15万km乗った。
    フライホイールが擦れて、セルが引っ掛からなくなった。
    エンジンをかけるときに、ギヤを入れ揺するとかかった。
    これではいつエンジンが始動できなくなってもおかしくない。
    長い付き合いだったが、別れた。

  17. 2003 MITSUBISHI eKワゴン

    転職した。経済的に厳しい時期。
    そこで軽自動車の2台体制となった。
    アクアブルーと白と2台。
    スクーター感覚だ。
    燃費はいい。軽のみの駐車場も利用できる。
    長崎の狭い町には、もってこいだ。
    でも・・・・でも物足りない。

  18. 2004 MITSUBISHI Lancer Evolution VIII MR

    1年軽に乗り、経済的に少し余裕ができた。
    欲求不満が爆発!。暴力的な速さを求める。バイクみたいに走る車があるのか?
    GPZ900Rに乗っていたときにのぼりのコーナーでGTRにあおられた事があった。
    何とか逃げ切ったが、4輪AWDのコーナースピードはすごい。
    4ドアスポーツで、エボを選択した。
    ターボが効きだした後の加速はすごい。
    バイクの加速ほどまではいかないが、 低い視野からのスピード感は、
    怖いものがあった。
    2輪では考えられないスピードでコーナーを曲がる。
    エボは、テクがなくてもそこそこ走れるらしい。
    メカのすごさとはいえ、よく曲がるもんだ。

  19. 2005 Accord WAGON CM2

    ここでHONDAに舞い戻る。
    ファミリー仕様で自転車も積めるワゴンこれが現在の愛車
    おとなしくオヤジとなる。

  20. 2005 FORZA MF08

    通勤用ビックスクーターまたまた HONDA
    FORZA通勤快速号!!