1974 出会い

kabu-1.jpg

Bikeとの出会いは、10歳ぐらいから始まった。
それは、HONDAのスーパーカブ70だ。
当時、足がギアやブレーキにもとどかない。
オヤジが後ろ、僕が前に乗って、僕はハンドル、アクセル、前ブレーキを担当した。
オヤジは、足の操作だ。
初めてのバイクは興奮した。ハンドルを力いっぱい握って運転した。
重いアクセルを操作したら、エンジン音が大きくなってスピードが増した。
狭い山道を登っていった。アスファルトが急に途切れ砂利道となった。
次の瞬間、転倒した・・・・・親子で。
初体験の記憶はそこまでだ。